• 書籍
  • クリスタル
  • アロマオイル
  • 上江洲義秀氏の書籍
  • DVD
  • ブレスレット
  • オリジナル商品
  • 野口法蔵氏の書籍
  • CD&カード
  • 浄化グッズ
  • Dr.啓子のおすすめ
  • カタカムナ研究家・吉野信子氏の作品

野口法蔵氏の書籍

野口法蔵氏
坐禅断食の様子

プロフィール

1959年石川県七尾市生まれ。
1980年千代田工科芸術学院写真科卒業。
1982年に新聞社退社後、ソ連・中国・インドを取材1983年ラダックにて得度 1986年インド国立タゴール大学に滞在
ダライ・ラマより院号禅処院寄与1987年帰国、新潟県阿賀町に20年間住む。
現在は長野県松本市に在住、臨済宗妙心寺派僧。
25年間五体投地を繰り返し修行する傍ら、坐禅断食の指導を全国各地で行っている。

▼画像をクリックすると、商品詳細ページへ移動します▼

坐禅断食会に期待すること

坐禅断食会に参加した方たちの感想や、その後の様子をお聞きして感じることは、最初は、やせたい、病気をどうにかしたい、体質を改善したい、という目的で来ていた人たちが、坐禅断食会に繰り返し参加することで、こころの問題、食料問題、環境問題、現代社会が抱える問題などに向き合い、自然との共生、子供たちや孫たちの時代に自分ができることなど、とても大きなテーマに取り組むようになり、その人の在り方が変わって行くということです。それほどに、坐禅断食会が参加者ひとりひとりに与える影響は大きなものがあります。

私も統合医療を通じて、さまざまな患者さんと出逢ってきましたが、病を通して「病が自分にもたらす意味は何だろう」と自らに問い、自己成長につなげていった方は、生き方が清々しくなっていきます。具体的にいえば、物質やお金に対する未練を捨て、生に対する執着を捨て、自分も大いなる自然の一部であることを自覚していくという生き方です。

坐禅断食会を重ねるにつれ、このような考え方に至るとともに、このような意見に賛同してくださる方も徐々に増えてきたように感じます。

今後も、坐禅断食会を通して私も自らの在り方をこれからも変えていくとともに、参加者の皆さんと共に、今後の私たちが向かうべき道を希求していきたいと思っています。

野口法蔵氏著『全国坐禅断食道場』より

沖縄では年2回坐禅断食会を開催しています。
沖縄坐禅断食会事務局
(098-989-4146・啓子メンタルクリニック内)